今、日本一のゴルフ場廣野ゴルフ倶楽部がある三木市に住んでます。他に世界最大の地震実験施設Eディフェンス、日本最大級の屋内テニス場、日本一の金物、世界最高酒米の山田錦などあります


by wild-rover
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:教育( 29 )

先日、6月18日に兵庫教育大学との連携講座で開催した「ドラッカーに学ぶマネジメント入門」は約250人の皆さんがお見えになり満員御礼。
c0160778_21313130.jpg

やはり皆さんドラッカーに関心ある。アンテナ高いです。

もう一度、ドラッカーの「マネジメント(エッセンシャル版)」と「もしドラ」読み直してみようと思います。
[PR]
by wild-rover | 2011-06-26 21:34 | 教育
図書館で漫画を借りてる。理由は本を読む、文字を読む習慣をつけさせるため。
漫画は、図書館に置くべきでない。図書館には参考書や文学書しか置くべきでない、とかいう人がいる。偏ってる見方。
c0160778_2024354.jpg

文字に慣れ親しんでいく方法は人それぞれ。本にまったく関心がない人が漫画を入り口に本を読むようになる。

これ僕。大学生時代、ブラックジャックの漫画を買って読みだしてから、本を読み出すようになった。それでもまだまだ少ないけどね。

子どもが漫画を読んでると、漫画ばっかり読んで!と叱る親がいる。ダメダメ。

子どもは、漫画を読むことを通して深く漫画のことを考えたり、文学書に移行していったりと、読書の楽しさを自分で模索することができる。

読むと読まないとでは大違い。漫画を読むことを否定してはいけない。

※図書館で借りてきた漫画。本は、映画や人と会話するのと同様、読む人の世界を広げてくれます。
[PR]
by wild-rover | 2010-05-11 20:02 | 教育

教師雑感

とあるブログを毎日読んでる。その方の恩師が亡くなられたとかで東京(現在住)から神戸に葬儀に戻ったとか。
c0160778_21223675.jpg

僕にも恩師がいる。小学校で大変お世話になったスポーツ少年団のサッカーの先生。校長先生になり退職された。この先生には自信、自分を信じるということを教わった。三木選抜の監督を務められた先生は現在僕の母校の中学校におられる。この先生にはサッカー理論を教わった。

高校のサッカー顧問の先生には、考えるサッカーを教わった。サッカーにポジションはあるものの実際に戦い始めるとあるようでないポジション。試合の駆け引き、自己を制することを教わった。
出席日数が足りなくなるほど休んだけど、僕にサッカーを与えてくれ支えてくれた。

高校での恩師は、就職してからしばらくして亡くなった。40歳半ばだったように記憶してる。通夜に間に合わず夜遅くに、なきがらとなった恩師と対面させてもらった。

僕の後にも絶え間なく同窓生が恩師との対面のために控えていたけど、僕は5分ほど恩師のなきがらを前に離れることができず感情がこみ上げ頬をぬらしたのを覚えてるな。

人は誰かに影響されながら生きてる。それが教師なのか、教師でないのか人によって違うと思うけど、僕にとっては僕の人生に影響を与えた人は間違いなく教師。

来年は前厄になる。厄年が近づくにつてれ自分のなしてきた成果に対して意識するようになってきたし、恩師のこをと意識するようになってきた。自分は何も残せてない。僕は世の中のためになってるんやろか。


今日はちょっと酔ってるからか、いつもよりとりとめも無い。いやいつもか?


酔えばいつも、悔いの無い人生を送りたい、と思い昔を思い出すローバーです。

おやすみなさい。
[PR]
by wild-rover | 2010-02-08 21:22 | 教育

食育ってなんやろ

前から気になってる写真があります。文部科学省ポスターの写真(pdf)
c0160778_20284198.jpg

なんだかせつなくなる。
でも多分、写真に写ってる子ども達は、せつないどころか幸せのひと時だと思う。
そうだとは思うけど、今と昔の違いをこうやって見ると、何だかせつない。


食育ってなんやろ。
[PR]
by wild-rover | 2010-02-01 20:43 | 教育

人って知識欲の塊

三木市立図書館で予約してた本をとりに行った。あ、予約してたの真ん中の緑の本1冊ね。
しばらく図書館に行ってなかったんやけど、ほんと人が多くなった。よく利用されてて僕が働いてた頃の2倍以上の利用になってる。スタッフみんなで頑張ってる証。
予約の本以外にいろいろと教育の本を物色してると、貸し出し本のバーコードを読み込む音が絶え間なく聞こえてくるのには正直驚き。実際に利用者も沢山いるし。やっぱ人って本に囲まれてると幸せって感じよね。
c0160778_16262457.jpg

で、今回借りた本。一字一句を全て丹念に読むわけじゃない。自分なりのヒントを見つけるために、流しながら読む。これを本屋さんで買うとなると、どえらいことになる。ってか買わない。立ち読みするぐらいよね。実際は、こんだけの本を本屋さんでは売ってないから立ち読みすらできないわけ。
買わないし、借りられないし、となると、結局は市民の知識が減り、生活が向上していかない。

図書館のあるありがたさ、インターネットが普及したありがたさ、本当は同じ。人って知識欲の塊なんだよね。


風邪ひいてしんどい。かぜひくとなんで背骨が痛くなるんかな?みんなもやろか?
[PR]
by wild-rover | 2010-01-31 16:31 | 教育
「アメリカインディアンの教え」というのに巡り会いました。感謝。インディアンに限らず、昔の人ってすごくりりしく見えます。
c0160778_21414338.gif


批判ばかり受けて育った子は、非難ばかりします。
If a child lives with criticism,he learns to condemn.

敵意にみちた中で育った子は、だれとでも戦います。
If a child lives with hostility, he learns to fight.

ひやかしを受けて育った子は、はにかみ屋になります。
If a child lives with ridicule,he learns to be shy.

ねたみを受けて育った子は、いつも悪いことをしているような気持ちになります。
If a child lives with shame,he learns to feel guilty.

心が寛大な人の中で育った子は、がまん強くなります。
If a child lives with encouragement, he learns to be patient.

はげましを受けて育った子は、自信を持ちます。
If a child lives with praise, he learns to have confidence.

ほめられる中で育った子は、いつも感謝することを知ります。
If a child lives with fairness, he learns to appreciate.

公明正大な中で育った子は、正義心を持ちます。
If a child lives with security, he learns justice.

思いやりのある中で育った子は、信仰心を持ちます。
If a child lives with fairness, he learns to have faith.

人に認めてもらえる中で育った子は、自分を大切にします。
If a child lives with approval, he learns to like himself.

仲間の愛の中で育った子は、世界に愛を見つけます。
If a child lives with acceptance and friendship,
he learns to find love in the world.


                  ドロシー・ロー・ノルト
                     Dorothy Law Norte 



教育に生かしたいと思います。
[PR]
by wild-rover | 2010-01-30 21:44 | 教育

日本人も英語を話せるさ


日本人は英語ができない、って言われて久しい。マスコミよって日本人の脳に刷り込まれ潜在的に自分の能力に歯止めをかけている感もあるね。

本当に日本人って英語ができないのか?
c0160778_2236306.jpg

Can you speak English? 
おいおい、英語をしゃべる能力はあるわいな。

Do you speak English?
そう!そう聞いてよ。英語を話さないだけだよ。 Yes! I don't speak English.


日本は世界第2位の経済大国(もう中国に抜かれて3位かも)。経済的発展をしていくには海外での付き合いは必須。当然、英語で商談やコミュニケーションをとったりする。ここまで日本が発展しているというこは、英語を話せないと無理、ありえない。

だから、実際は日本人にも立派に英語を話す能力はあって、話している人はメチャメチャいる。We can speak English.って訳。

経済発展していくのに英語力が必要な反面、豊かになってしまった日本で暮らしてくには、多くの人にはもう英語を話す必要がない。だから We don't need to speak English. これが本当のところじゃないか、と。

ま、経済発展が早すぎたのかも。

日本の教育で英語力を伸ばそうという動きがあるけど、結局は、その子ども達自身が英語を話す必要性を感じないと英語を話さないままになる。

さてさて、我が家での英語を話す必要性を考えてみる。

・・・ない。

だめだこりゃ。


写真は、気になってたポカリのCMやポスター。
使われてる「 KEEP YOU BEST 」って「 KEEP YOU BEST 」じゃない?

 
[PR]
by wild-rover | 2010-01-29 21:45 | 教育

プラス思考教育


教育の仕方は、人それぞれで価値観も違うのはいうまでもない。目標とういうのか夢も違うし。

最近、子どもの情緒が安定してないな、と感じることがあるので、どうしようかと悩んだりしてた。ネットで調べても調べ方が悪いんだろうと思うけど、ピーンとこない。
c0160778_2044882.jpg

僕の場合、悩んだ時ってのは不思議で、夢の中で解決策が見つかることが多い。その分、寝てるような寝てないような感じで目が覚めたとき疲れてるんやけど。

今回も目が覚めたら方針が決まってた。

なんでもかんでもプラス思考してしまう教育にしようと思った。時には厳しくすることも必要やと思ってるし、真剣に怒るってのも必要なのはわかってるけど、今僕の子どもが直面している問題を解決するのは、これや、ということで、とことんワッショイするプラス思考教育を。

あ、プラス思考教育ってのは僕の造語。ネットで調べても出てこないと思って検索してきたら出てきた。世間は広いねー。
[PR]
by wild-rover | 2010-01-28 20:44 | 教育
学問に限らずスポーツでも仕事でも、自分で学ぼうという気がない人に教えるのはしんどい。
自分の子には熱心に教えてあげたい気もするけど、やっぱり自分で覚える気があるかどうかが問題。

今日から、子ども達と朝トレを始めた。勉強の朝トレ。僕に似て勉強についていけてないみたい(笑)
まずは月・木以外の日にすることを決めた。なんの勉強かというと単なるドリル。今風にいうとスキルとでもいうんやろか。ダイソーで買ってきたのを1ページずつやっていくってこと。

ページをこなしていくのが目的じゃなく、勉強がそれとなく楽しいかも、とか、勉強が辛くても、こうやったら早く終わって辛いのから逃れられる、っていうのを感じたり、その方法を見つけてもらうため。

僕は、そんな入口しか子ども達を導いてあげられない。結局は子ども達自身の問題や。

でそんなことを説明するのに、靴下を例にあげる。

この冬から自宅で靴下を履いている。ちなみに今までは履いたことがない。気持ちわるかったので。でも今シーズンは体調が悪いのか、体の発熱量が落ちてきているのか寒くてしかたないので寝るときも靴下をはいてる。その靴下が↓  ちなみに私は水虫ではない。靴下を選ぶときに面白そうなので買ってみたタイプ。
c0160778_22135252.jpg

で、この靴下を完全に履ききってしまわない。足を途中までしか入れない。でも不思議なことに1時間か2時間すると、不思議なことに自然と指先までほぼ靴下がはけてる。いつもこのことに驚くんやけど。
c0160778_2219343.jpg

つまり言いたいのは、入口まで案内すれば、ほぼ結論までたどりつけるのではないかと。さっき、入口まで案内してもその先は子ども自身の問題やなんて言ったけど、自然に身を任せれば結果が残せる。

ちょっと理論的に矛盾というか自己矛盾というのか、そんな感じやけど僕の中では、なんとなく筋が通ってる。

靴下を使った例え、無理があるかな(笑)
[PR]
by wild-rover | 2010-01-26 22:19 | 教育

遺伝子 色弱 個性

今日は、息子が外泊。娘と食事をしてて遺伝子の話になった。
c0160778_2013688.gif

遺伝子の話になったので、娘に息子は色弱かもしれないし、そうじゅないかもしれないということを話した。
それは遺伝子によるんだよ。そして、あなたが男の子を産んだ場合、その男の子は色弱かもしれないし、そうじゃないかもしれない。女の子を産めば、その女の子が大人になって男の子を産めば、その男の子が色弱かもしれないし、そうじゃないかもしれない、と。
今の学校健診では色弱の検査をしなくなった。お父さんのときは高校生の時でもしてたなー。
c0160778_2003043.jpg

色弱は、ある色と、ある色の区別がつかない。でもそれは、お父さんやあなたが見てる色の範囲のことであって、息子はお父さんやあなたが見えない範囲の色が見えるかもしれない。でもそれに気付いていないし、そうだったとしてもそれを知る術もあまりない。誰にも分からない。
c0160778_2024733.jpg

世間で一般とされてる範囲の色の区別がつかないだけで、別のものが見えるのかもしれないんだよ。
たとえば、みんなには同じ白と見えてても息子には別の色と区別がついているのかもしれないし、幽霊のようなものが見えるのかもしれない。
別の色に見えるとか、幽霊が見える、と言っても信じてもらえるのは少ないし、逆に変な目で見られてしまう。人は、自分と違ったことを受け入れがたい。世の中は多数派で優遇度が決まるんだ。

ひょっとすると、お父さんが見ている赤色と、あなたが見ている青色は、本当は同じ色かもしれない。お父さんは、あなたの目を通して色を見ることができないので、調べようがない。

色弱の他に金髪、目の色、肌の色、男や女、身長など遺伝子によっていろいろな違いがある。それは病気ではなくてその人の個性ということ。

人はみんな違った個性をもってるんだよ。

個性を認めることができる人になりなさい。
[PR]
by wild-rover | 2010-01-15 20:10 | 教育