今、日本一のゴルフ場廣野ゴルフ倶楽部がある三木市に住んでます。他に世界最大の地震実験施設Eディフェンス、日本最大級の屋内テニス場、日本一の金物、世界最高酒米の山田錦などあります


by wild-rover
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:観光・イベント( 31 )

淡路に行ってきた

c0160778_1932438.jpg
c0160778_1933910.jpg

淡路に行ってきた。三木市からだと30~40分で着く。去年、和歌山に行ったとき南あわじ市にある大鳴門橋記念館の方と食事の席が隣になって、町おこしの話をした。ブームになってる淡路の牛丼を手がけたって言ってた。テレビでもすごく流れてる。3年ものの養殖フグに力を入れてるとも言ってた。とても熱い方でした。三木市から南あわじ市までは1時間。
c0160778_1935969.jpg
c0160778_1941584.jpg

その時、約束のような、約束でないような感じで、また行きますー、と僕が言たんやけど、今日その約束を果たせたよ。本人とは再会してないけどね(笑)
c0160778_1944357.jpg
c0160778_195369.jpg
c0160778_1951739.jpg
c0160778_1953393.jpg

淡路は、他の市町の中で一番元気やと思う。ガンガンに突っ走ってる感じ。やっぱり、人やね、人。
c0160778_1955323.jpg

ここで人形浄瑠璃を見るのは2回目。10年以上前。その時よりも文化というものを深く感じることができたような気がした。はっきりとは言い表せないけど昨年末に観た歌舞伎と雰囲気が似てる部分があった。
↓観たのはこれと同じ(You Tubeから拝借)

↓野崎村(歌舞伎座のじゃないけどYou Tubeから拝借)

c0160778_196640.jpg
c0160778_1961923.jpg

 ↓伊弉諾(いざなぎ)神宮
c0160778_1964217.jpg
c0160778_197031.jpg
c0160778_1972690.jpg

 ↓ 帰りに寄った淡路ハイウェイオアシス
c0160778_1975582.jpg

たまねぎスープは試飲に行列。もちろん試飲。すごく美味しかったからお土産に購入決定。
c0160778_1983169.jpg

新登場の玉ねぎ石鹸、これもかなり売れてるらしい。
c0160778_198434.jpg
c0160778_1985929.jpg
c0160778_199139.jpg
c0160778_1993415.jpg

淡路いいね。住みたいまちの一つです。
[PR]
by wild-rover | 2010-02-06 19:14 | 観光・イベント

冬の天橋立に黄砂 sanpo

天橋立に行ってきた。自宅から2時間ほどかかる。昔はもっとかかったように思う。最初の写真は「三人寄れば文殊の知恵」で有名な知恩寺。
c0160778_18394412.jpg

c0160778_18402039.jpg

午前中やったので人出はまばら。昔は路面が見えないほど人でいっぱいだったと聞いた。どこの名所旧跡も人影が減ってきてるのか。でも昼過ぎには結構人がいたので少し安心した。
c0160778_18403689.jpg

↓これ、おみくじ
c0160778_18405471.jpg
c0160778_18414030.jpg
c0160778_1842133.jpg

c0160778_18441193.jpg
c0160778_18443195.jpg

天橋立にモヤが、かかっていい感じって思ってたら、黄砂らしい。冬の黄砂は日本では16年ぶりだとか。いいものを見ることができた。
c0160778_18425096.jpg

で、股からのぞいて見ると
c0160778_18432117.jpg

こんな感じ。ほんと天橋立に見える。すごいやん。

子ども達に、自分達が住む日本を知るために名勝、名所旧跡などを見せてあげようと思ってるけど、たぶん覚えてないな(笑)
[PR]
by wild-rover | 2009-12-26 19:02 | 観光・イベント

さんさんまつり

今日は、さんさんまつりへ。たくさんの人が参加してた。観客も多くてにぎわってた。まつりとしては、しっかりと地域に根付いているようなアットホームな部分と踊りなどイベント的な部分とあり、本当にいい祭りです。
c0160778_2115669.jpg

音響を載せたトラックの側面には、どなたが書いたのか、いい絵が飾ってありました。小学生かな、中学生かな、地域の人達も描いたっぽい。
c0160778_2122073.jpg
c0160778_2123837.jpg

c0160778_2125421.jpg

モチベーションをいかに高めるか、いかに維持するかが、祭りやまつりごとにとっての重要な要素かと思ってます。
c0160778_2131639.jpg

スタッフの皆さんたちが一生懸命まつりをつくり上げ、運営してらしたのが印象的でした。
c0160778_2132761.jpg

いい1日だった。
[PR]
by wild-rover | 2009-09-26 21:20 | 観光・イベント

生野銀山

シルバーウィーク中間、今日は高速道路で1時間ほど離れたところ兵庫県の中央あたりにある生野銀山(いくのぎんざん)へ。1時間も高速道を東に走れば京都に着く。兵庫県は広い。
今まで利用したことない権現湖のPAに寄った。やっぱりPAという環境やけど、裏手にキャンプ場を発見。いつか利用するかも。キャンプ場は水辺にあるか、森の真ん中にある場所でないとダメですね。ここは水辺のキャンプ場
c0160778_2027886.jpg

事故のため2倍の2時間もかかって到着。
c0160778_20273592.jpg

c0160778_20275378.jpg

結構な人でした。多くの人は建物の中に入って砂金探しや宝石探しをしてたようです。
c0160778_20282113.jpg

坑道の中に入るまえに、外坑の見学。
c0160778_20285795.jpg

 ↓山が割れて溝のように見える部分に鉱脈があって、その部分だけを掘削。
c0160778_20292247.jpg

坑内へ。平均気温は一年中13度程度らしい。かなりひんやり。上着は絶対に必要。持って行ってて正解やった。
c0160778_20294495.jpg

昔の人達は、こんな狭い坑道で掘り進んでたのか。もちろん手掘り、明かりはアンドン。しかも寒いし、石は冷たい。信じられへん。
c0160778_2030459.jpg

 ↓ こちらは近代の人。三菱の方でしょうか。火薬をかついでハシゴの途中でじっとされてました(笑)
c0160778_20301898.jpg

c0160778_2030392.jpg

↓ 平成4年までは赤い部分のみの公開。それ以後に拡張。約1キロ。
c0160778_20305822.jpg

銀っていい。僕は金やプラチナよりも手に馴染む感じがして銀の方が好き。昔使ってたジッポライターが銀製。でもタバコやめたのでもう使ってない。
c0160778_20311390.jpg

写真はこの程度にしときます。詳しくは生野銀山で。結構、堪能できた。

帰りの高速道もまた事故渋滞。このシルバーウィーク中、3度目の事故渋滞。勘弁してくれよ。
[PR]
by wild-rover | 2009-09-21 20:51 | 観光・イベント

金閣寺

金閣寺に行ってきました。金閣寺を選んだのは、めいっ子を京都に連れていったから。私自身は直近で平成18年に行きましたが、その時は社長から電話があり金閣寺どころではありませんでした(笑)
自分自身のため、めいっ子のために金閣寺をチョイス。
c0160778_21431859.jpg

さすが圧倒的な存在感。金色というのはどうしてこんなに綺麗なんだろう。
c0160778_21461253.jpg

黄金色というのは稲穂の色に魅了される延長線上にある。
c0160778_21465478.jpg

こんなことを考えてて、金閣寺を目の前にして、ふと思った。赤、青、黄の三色でなんで金色が表現できるんだ??なんて(苦笑)
c0160778_21474325.jpg

ま、どうでもいいか。それにしても、やっぱり金閣寺はきれいです。その圧倒的な存在感に脱帽。
[PR]
by wild-rover | 2009-08-19 21:53 | 観光・イベント
平成21年8月6日
12:05浅間大社のせせらぎ広場を出発。12:30白糸の滝に到着。観光客のメッチャ少ないさびれた観光名所だと思ってたのに、駐車場がいっぱいでビックリ。
案内人の呼び込みに応じて駐車。300円(他は500円)少し得した気分。流される人生も悪くないか(笑)
c0160778_19431213.jpg

c0160778_19433929.jpg

c0160778_1944522.jpg

↓ 直ぐに滝が。音止の滝。迫力ありました。滝を見たのは初めてじゃないけど、どこを見たか忘れた。なので初めてかもしれない(笑)
c0160778_19443672.jpg

c0160778_19445476.jpg

すごい水量。これが雪解け水。かなりすごいぞ。
c0160778_1945919.jpg

c0160778_19454654.jpg

観光客が来ると、商店街もやっていけるな。
c0160778_1946890.jpg

↓ 富士登山の後のこの階段は恐怖。歩く度に激痛が走ります。
c0160778_19463634.jpg

↓ 階段をおりきったら。ニジマスが、おいしそう。
c0160778_19465454.jpg

人がいなくなるのを見計らってパチリ。このあたりは既に水しぶきが飛んできます。
c0160778_1948614.jpg

白糸の滝。ほんとに糸。綺麗でした。名づけた人は、いいセンスしてます。
c0160778_19491675.jpg

この場所に、ちょうど1時間いました。長すぎか(笑) 日焼けしすぎて顔が痛かったのでいい湯治になりました。 
c0160778_1949436.jpg

↓ 駐車場に戻ってきて、土産でも買おうかと物色してたら、撮影が始まった。オーストラリアの旅番組らしい。富士山の登るんやろね。やっぱり日本一は値打ちがあるなー。
c0160778_19501937.jpg


↓ 富士山の記事を一括表示するには、下のtagsの富士山をクリック。
[PR]
by wild-rover | 2009-08-14 20:38 | 観光・イベント
平成21年8月6日
11:16 腹ごしらえをしてから浅間大社へ。
c0160778_2016833.jpg

↓最近、見かけることの多くなったデザインの看板。業者さんが一緒っぽい(笑)
c0160778_20162421.jpg

↓参道は100mぐらいか、それより少し長い感じ。
c0160778_20164618.jpg

↓朱が綺麗。屋根の端のソリが宮大工の美的センスの現れるところということを昔聞いたことがある。
 違和感のない、パリッとした稜線がいい。
c0160778_20171733.jpg

c0160778_20173934.jpg

↓ 湧玉池。池が特別天然記念物。天然記念物にであったことあるのは生駒銀山近くの池でサンショウウオを見とき以来。
c0160778_2018580.jpg

イワナ発見。初めて見た。大きさは50~60cmってとこ。遠目に見てたら鯉だと思い込んでたけど、近くによったら模様が。テレビや図鑑で見たイワナと直ぐわかった。それだけ水が綺麗んやと思った。
c0160778_20182322.jpg

c0160778_20185188.jpg
c0160778_20191631.jpg
c0160778_20194674.jpg

c0160778_20201295.jpg

↓ 神田川。ものすごく水が冷たい。足を入れたけど冷たいというか痛くて辛い。この感触、学生時代に冬の加茂川に入った時のことを思い出した。分かりやすく表現したらアイスノンや氷枕をずっと当ててるって感じ(笑)
c0160778_2020592.jpg

日本にこんな所があるんやと感心した。自然ってすごい。

次回は、白糸の滝

↓ 富士山の記事を一括表示するには、下のtagsの富士山をクリック。
[PR]
by wild-rover | 2009-08-13 20:38 | 観光・イベント
富士登山の後は、やっぱり観光。観光というより食。全国各地の自治体で観光行政が盛んになってますが、〇〇史跡、〇〇遺跡、〇〇古墳、〇〇寺・・・etcありますが、すでに勝ち組が決まってる。そこに参戦したところで、「なに考えとんねん」と一蹴される。やっぱり食かな。

8:30に起床し、富士登山の疲れからウダウダ。10:00道の駅富士川楽座出発。10:19浅間大社の「せせらぎ広場」到着。駐車場無料。私たちの前に子供を連れのお母さんが。地元の人かどうかわかりません。
c0160778_1985190.jpg

10:22 お宮横丁 到着 前から気になってたB1グランプリで2年連続優勝した「富士宮やきそば」を食べに。富士登山も大きな目的ですが、これもそれに匹敵するぐらいの目的。家族には内緒(笑)
c0160778_1991381.jpg

↓宮前らしく手水場(ちょうずば)があります。このも富士の雪解け水とのことで冷たく飲めるとのこと。なので飲んでみた。ミネラルウォーター風の味。ペットボトルに詰めてコンビにで売れると思う。ちなみに私が住む兵庫県三木市の水道水もおいしい。売れると思う(笑)
c0160778_1994940.jpg

↓ 到着したときは、少し早い目の時間帯。その時間帯を狙ってと思うけどテレビ取材をやってました。さすがB1グランプリ
c0160778_19103010.jpg

c0160778_1911742.jpg

↓ おいしい。麺の固さが特徴。讃岐うどんのようなコシの麺。味は焼きそばですが麺の印象が強く残る。焼きそばの中で私は一番好きやね。
c0160778_19113174.jpg

↓ 見るからに自家製の紅生姜がいい。田舎者にしか分からんか(笑)
c0160778_19114821.jpg

結構店がならんでるので、焼きそばの他に色々あり。
c0160778_19121363.jpg
c0160778_1912349.jpg

11:55 浅間大社の参拝から帰ってきたらこんな感じで人がいっぱい。やっぱり食だな。
c0160778_19134030.jpg


次は、浅間大社(せんげんたいしゃ)へ

 ↓ 富士山の記事を一括表示するには、下のtagsの富士山をクリック。
[PR]
by wild-rover | 2009-08-12 20:42 | 観光・イベント
平成21年8月5日
15:24 下山開始。13:41に登頂してから疲れて子供達は昼寝。これがよくかなった。下の子(小2)は高山病がひどくなりほとんど動けない状態に。
c0160778_1825635.jpg

↓ 下山をし始めたときの写真ですが、50m進んだところで限界が。どうしようかなーなんて考えた末、背負って降りることにしました。
c0160778_18264393.jpg

↓ 九合五勺のときの写真。ザックをオンブ紐のように使って子供を背負った状態。息子は20kg、ザックは子供達の荷物も持ってたので約10kg 30kg背負っての下山はさすがに辛いものがありましたが、子供と密着していられる時間は、なぜか幸せなものがあります。
c0160778_182841100.jpg

↓ 八合目直前で高山病もましになったようで、歩くとのこと。八合目から歩く。少し寂しい。親にとって子供の自立とはうれしい反面、寂しいものかもしれない、と、ちょっと感じた。
c0160778_18292716.jpg

c0160778_18295322.jpg

これ以後、写真を撮る元気もなく(笑)
途中で夜に突入。夕方までに駐車場に到着するつもりだったのでヘッドライト2つを車に置いてきた・・・
ザックの隅に入ってた小型懐中電灯で子供たちの足元を照らしながら下山。

月明かりもありそこそこ助かりましたが、やっぱり何回もこけました。

20:00頃、花火大会が始まった。雲の下で見えないのが1箇所、東の方で1箇所。カスミソウみたいに小さな花でした。あらためて富士山の高さを実感。

結局、予定よりも大幅に遅れ21:30に駐車場に到着。車に乗り込んだ3人は深い眠りに。1時間ほどかけて五合目からフモトまで(30kmの道のり)下りました。

22:51 スーパー銭湯 花の湯 到着 1時間800円(子供400円) 高!

24:10 隣のラーメン屋で遅い夕食

25:20 10キロ離れた道の駅 富士川楽座の駐車場で車中泊

次の日は、観光へ


 ↓ 富士山の記事を一括表示するには、下のtagsの富士山をクリック。
[PR]
by wild-rover | 2009-08-11 19:04 | 観光・イベント
平成21年8月5日
↓ 11:50 9合目出発 万年雪 山小屋の名前も万年雪山荘。納得。
c0160778_18425936.jpg

↓ 九合目を出発しても、まだまだ登らないといけない感じがします。気が遠くなるということはこのことかも。酸素が薄く息苦しいし、足も重たい。
c0160778_1844429.jpg

↓ 12:34 九合五勺  勺って漢字は若い世代には分からないかも。アラフォーの私が限界か?(笑)
c0160778_18453099.jpg

↓ 九合五勺から下を見るとこんな感じ。九合目の小屋が写真では分からない。それぐらい歩くってことです。
c0160778_18461915.jpg

↓ 上を見上げると頂上。まだ遠い。
c0160778_18465927.jpg

↓ 12:45 出発 ふしぎなことに九合五勺から上は楽になってくる。やっぱり気持ち次第。人間の疲れなんて気持ち次第、脳ミソ次第なんだと改めて感じました。
c0160778_18475318.jpg

13:41 登頂!  朝5:36に出発してから8時間5分。子供の歩幅が思ったより小さいことに今回気付かされました。
c0160778_18482714.jpg

↓ これが火口。富士山の火口。一周3kmの火口なので対岸は結構遠く、遠近感がなくなります。初めてグランドキャニオンを見た時も遠近感が分かりませんでした。遠近感が分からないということは2次元に見えるということなんですが、すごく目というか脳が違和感を感じ、必死に距離をつかもうと脳が働いてるのが分かります(笑)
c0160778_18501410.jpg

↓ 剣が峰 日本最高峰の場所。富士山の登頂は3度目ですが未だ行った事がない(笑)
c0160778_18505211.jpg

↓ カロリーメイトがこんなにパンパンになります。かといって内圧が高いわけではないので、開けてもパンッ!とはいいません。
c0160778_18512093.jpg

↓ みなさん休憩というかダウンというか。これを見て私達も休んでたんですが、これがかえって、えらい目あいます。
c0160778_1854219.jpg


次は、悲惨な下山。


  ↓ 富士山の記事を一括表示するには、下のtagsの富士山をクリック。
[PR]
by wild-rover | 2009-08-10 19:15 | 観光・イベント